トップページ ≫ お茶の選び方で尿酸値が下がる

お茶の選び方で尿酸値が下がる

尿酸値についてまず簡単に理解していてもらいたいのですが、この尿酸値というのは血液中に含有されている尿酸の量のことを指しています。尿酸というのはプリン体という成分が分解されて出来る老廃物であり、産生と排出のバランスが一定であれば健康な状態になります。

 

基本的に体内にあるものですが、この産生と排出のバランスが崩れてしまって尿酸が蓄積されてしまうと結晶化されてしまい、それが関節などに痛みを引き起こしてしまいますが、それが痛風になります。関節部位が腫れてしまい非常に強い痛みが出ますが、痛風という名前のように風邪に当たるだけで激痛が走るといった症状があります。

 

さらに尿酸値が蓄積すると痛風だけではなく腎臓機能に障害が出たりすることもあり、基本的には女性より男性の方が尿酸値は高いので男性の方が痛風になりやすいということを覚えておきましょう。そうならないように予防をしたいと思うでしょうが、基本的に尿酸値というのは尿酸が蓄積することによって高まっていくので水分補給をして尿を出せば濃度も薄められていきますので、尿酸値が高いと指摘された場合は1日2Lの水分を摂取するということを意識するようにしましょう。

 

それ以上は飲みすぎるとよくないので2Lが目安になります。また、水でもいいのですがお茶がいいといわれておりますので、2L飲むためにも好きなお茶を色々と試して飲むようにしましょう。それを続けることで尿酸値も下がってくるのではないでしょうか。

 

Copyright (C) 2017 尿酸値サプリランキング@人気の成分はこれ All Rights Reserved.