トップページ ≫ 尿酸値はどう検査するのか

4_尿酸値はどう検査するのか

痛風の原因になっている尿酸値に関して痛風を発症しないようにしっかりと検査をして、状態を確認しておくことをオススメします。それによって痛風の予防になりますが、実際にこの尿酸値に関してどういう風に検査をすればいいのでしょうか。検査方法に関してですが、まずよく勘違いをされることが多いのが、尿酸値の検査になりますので、尿検査をすると考えている方が多くいらっしゃいますが、それは違います。

 

実は尿酸値に関しては血液検査によって行われ、血液中の血清尿酸値によって尿酸値が出るということになります。健康診断などを受ければ病院で検査をしてもらえますので、病院でしか検査できないと考える方も多いようですが、実は尿酸値検査キットによって自宅でも尿酸値検査を行うことは可能です。では病院で行われる血液検査に関してですが、基本は空腹の状態で検査を行います。

 

食事抜きを指定する病院もありますので、医師の指示に従うようにしましょう。また、検査によって7.0mg/dl以上の数値が出てしまうと高尿酸血症になりますので痛風のリスクが非常に高まります。ただ、尿酸値というのは体調によって変わりますので定期的に検査をするようにしましょう。

 

また、自宅で検査をすることが可能ですが、それは検査キットによって行われます。検査キットの説明書をしっかりと読んでその通りに検査を行うようにしましょう。病院に行く時間がないというのであれば検査キットで検査をするといいですが、病院に行く時間があるのでしたら出来るだけ病院で検査をした方がいいでしょう。

 

Copyright (C) 2017 尿酸値サプリランキング@人気の成分はこれ All Rights Reserved.