尿酸値 サプリ

尿をアルカリ性にする食品を食べることが大事

 

痛風の予防や改善に対して尿をアルカリ性にするということが非常に大事なことになります。痛風というのは足首や関節、指先に非常に強い痛みが出てくる症状であり、風が吹いても痛いというくらいの痛みなので、それが名前の由来になっています。もし痛風になっているのでしたら尿が酸性になっている可能性が高いです。

 

酸性やアルカリ性というのは聞いたことがあるとは思いますが、食品にもそれがあり、酸性のものばかり食べてしまうと痛風のリスクは高まってしまいます。その理由は、尿酸という名前の通り酸性だと尿が溶けにくくなり、結晶を作りやすくなってしまいます。さらに尿路結石も引き起こし易くなってしまいますが、これも非常に強い痛みがありますので、事前に予防をしておかなければいけないでしょう。

 

その予防というのが尿をアルカリ性にするということになりますがどうすればいいのでしょうか。痛風の薬で尿酸値を下げるということは可能ですが、毎日の食事をしっかりとバランスよく摂るということが重要になります。また、有酸素運動も尿酸値を下げる働きがありますので、継続してやることをオススメします。

 

また、果糖が含まれている為に避けられている果物もビタミンCが含まれていれば尿酸値を下げる働きがありますので、適度に摂取することをオススメします。とにかくあらゆる方法で尿酸値を下げることができますので対策をすることをオススメします。

 

尿酸値が7.0mg_dL以上の過多は痛風に注意

 

痛風というのは排泄する尿酸が体内に溜まって過剰に濃度が高まってしまうことで尿酸同士が結合して結晶になり、それが関節などを刺激して激痛の症状が出る病気になります。この痛風は尿酸値と非常に深い関わりがありますが、この尿酸値に関しては血液検査によって測定します。

 

血液中の尿酸量が7.0mg/dL以上になってしまうと尿酸が血液中に溶けきれずに結晶になってしまいますので、7.0mg/dL以上だと注意が必要になります。もちろん、すぐに結晶になるということではないのですが、溶けきれていない状態であるということは理解しておきましょう。

 

さらに血液中の尿酸値というのは食事により数値が上下するので検査で7.0mg/dL以上でなくてもそれに近い場合はそのままいけば超えるはずですので食事内容を考え直すようにしましょう。では尿酸値を下げる方法についてですが、まずは食べ物について考えましょう。尿酸値を下げたいのでしたらまずはプリン体の少ない食事をするということが重要で、さらに尿酸値を効率的に排出することが出来る食べ物を選ぶようにしてください。

 

アルカリ性食品を食べるということも重要になります。ほうれん草やにんじんなどの緑黄色野菜や海藻類などを摂取するようにしましょう。飲み物でも尿酸値を下げることが可能で、アルカリイオン水、バナジウム天然水、お茶、コーヒー、どくだみ茶、びわ茶、杜仲茶などを積極的に飲むようにしてみてはいかがでしょうか。継続的に摂取することによって尿酸値を下げることが出来るでしょう。

 

尿酸値が高い方は3パターンに分かれる

 

尿酸値というのは常に人間の身体に約1,000mgが蓄積されていますが、この中で1日600mgが産生、排出されており常に一定量を維持していますが、この産生と排出のバランスが乱れることによって尿酸量が増加してしまい、それによって多くの問題が引き起こされてしまいます。

 

尿酸が多くなるということは、当然ながら尿酸値を高めることになりますが、それによって高尿酸血症、痛風の原因になってしまいます。尿酸値の異常を早めに把握しないと改善もすることができませんが、どうして尿酸値が高いのかを理解する必要があります。この尿酸値の高い人は、大きく3パターンに分けることが出来ます。尿酸産生過剰タイプ、尿酸排泄低下タイプ、産生過剰と排泄低下の混合タイプになります。

 

まさにその名前の通り。一定量の産生と排出が必要な尿酸ですが、産生が過剰になることで尿酸が増えてしまい尿酸値が高まってしまいます。また、尿酸の排出量が減少しても当然ながら、尿酸値が高まってしまいます。最後が一番厄介で、産生量が増加して排出量が低下すれば尿酸も増加して尿酸値も高まってしまうということになります。

 

どんなタイプだとしても、基本は生活習慣を改善することによって数値を改善しますが、改善できないというのであれば薬の服用の必要があります。
尿酸値が高いということをまず把握する必要がありますので、定期的に健康診断に行くようにしましょう。

 

尿酸値と睡眠不足の関わり

 

尿酸値と睡眠と聞くとあまり関わりがないのではないかと思われがちですが、実は非常に大きな関わりがあります。単純に言えば寝不足だと尿酸値は高まってしまいます。ですのでしっかり寝るようにしてください。

 

人間の身体というのは自律神経が非常に関わっており、これによって人間は生きています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、これは緊張状態では交感神経が優位な状態であり、リラックスしているときは副交感神経が優位になっています。つまり単純に考えると活動しているときは交感神経優位、睡眠中は副交感神経が優位ということになります。

 

そして緊張状態であれば血管も縮小気味になり、リラックスしているときは血管が拡張気味になります。痛風の人は真面目で責任感が強いといった性格の人が多いとされており、ストレスを受けやすい体質になっています。そういう方はストレスによって睡眠中にリラックス出来ていないことが多いとされています。

 

これによって質のいい睡眠が出来ていないことになり尿酸値も高まってしまいます。ストレスが尿酸値を高めるといわれていますが、こういう仕組みがあるということを覚えておきましょう。つまり睡眠不足によって尿酸値は高まるといわれておりますので、とにかく日頃からリラックスすることを意識して尿酸値を高めないようにストレスを蓄積せずに質のいい睡眠をするようにしましょう。

 

どうして痛風は男性に多い?

 

痛風は男性の方が圧倒的に発症している数が多いのですが、1992年時点ではおよそ99%が男性であるという調査結果があります。このように非常に男女差が激しい病気ですが、この理由は血液中の尿酸濃度が男性より女性の方が低いからです。

 

女性ホルモンが関わっており、女性ホルモンに腎臓から尿酸の排泄を促進する働きがあり、それによって尿酸値が抑えられています。つまり閉経すると尿酸値が高まると言うことになりますが、それまでは問題ありません。50歳を越えるあたりまでは尿酸値の差がありますが、それ以降は尿酸値の差が小さくなるということを覚えておきましょう。

 

また、痛風発作に関しては血清尿酸値が7.0mg/dl以上でないと引き起こされることはありませんが、男性の場合は平均値より1.5mg/dl上昇すればこの数値に到達してしまいます。しかし女性は3.0mg/dlでないと到達しませんので、あまり痛風を発症することはないということになります。

 

もちろん、なりにくいだけで痛風にならないということはありませんし女性でも痛風になることはあります。また、遺伝的な病気や薬物の影響などによって痛風を引き起こしてしまうことがありますので、おぼえておきましょう。また、閉経すれば女性も尿酸値が上昇傾向となりますので、閉経後に痛風になりるということも十分に考えられます。閉経後には尿酸値の数値を気にしておくといいでしょう。女性だからといって痛風を発症しないというわけではないということを覚えておきましょう。

更新履歴

Copyright (C) 2017 尿酸値サプリランキング@人気の成分はこれ All Rights Reserved.